スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨と虹の日々 10 爪が嫌い

10 爪が嫌い

 俺は爪が嫌いだ。
 たとえその気がなくとも、使い方を一歩誤れば、他者を深く傷つけることさえある。いざという時のために、普段は決して表には出さないもの。それが爪である。むやみやたらに見せびらかすなど、とうてい考えられないことだ。
 その、とうてい考えられないような、危険でみっともない真似を、平気でできてしまうのが人間なのである。
「レインちゃん、居心地はどうでちゅか?」
 頭上から麗子の声が降ってきた。それだけでも十分居心地が悪い。俺の気分をさらに曇らせるのが、彼女の真っ赤に塗られた長い爪である。そのむき出しの凶器が、いつ俺の喉笛に襲いかかってくるのか。想像しただけで、肉球に汗が滲んでくるってもんだぜ。
「飼い主に似て、ずいぶんおとなしいでちゅね。ここはどうかな? チョン、チョンっと。ウフフッ」
 指先が俺の鼻を突っつくたび、眼前で赤い凶器がチラついた。まったく、ヒヤヒヤもんである。何がチョンチョンだ。何がウフフだ。
 虹子はといえば、やはり相変わらずの様子だった。重い口。沈んだ表情。そして黒縁眼鏡。おそらく、今鼻をチョンチョンされたとしても、絶対麗子には逆らえないことだろう。
「結構、いいんじゃないかなあ、それ」
 麗子が、テーブルの上へ顎をしゃくる。太腿がわずかにグラつき、俺は反射的に前足を踏ん張った。
「あ、爪なんて立てて、レインちゃん、いけない子でちゅねえ」
 魔の手が離れた一瞬の隙をついて、俺は麗子の膝から駆け下りた。俺のようないけない子は、こんな居心地の悪い場所でじっとなどしてはいられないのだ。
「虹子、こういう前向きなやつも、ちゃんと書けるんじゃない」
 幸い追いかけられることはなかった。振り返ってみると、麗子の手には数枚のコピー用紙が握られていた。先ほどまで、テーブルの上に置かれていたものである。俺に対する興味は、すでにどこかへ飛んで行ってしまったらしい。
「何か、心境の変化でもあった?」
 麗子はそう言って、空いた方の手で膝上の毛をはらった。こういった仕草一つ一つが、本当に無礼な女である。
「うん、いや、何となくだけど……」
 気のない答えを返す虹子。眼鏡越しの視線が、俺の動きを追っているのがわかる。
「私も……」
 サイドボードへ飛び乗った俺を確認すると、虹子は視線を麗子に向けて、「バンド、頑張りたいし……」と続けた。
「へえ。虹子にしては、それって、すごい革命的変化じゃない」
 麗子の口調は、感心しているようにも、からかっているようにも聞こえる。
「やっぱり何かあったのね。まあ、言いたくなければそれでもいいんだけど」
「このままじゃ、いけないって思っただけ。ようやく、そのことに気づいたの」
 虹子の言葉に、再び麗子が「へえ」と呟いた。そして、何やら意味ありげな笑みを浮かべる。ついに獲物を追いつめた。まるでそんな表情だ。
「それって、バンドのためにはってことよね?」
 念を押すような麗子の口調。ややあって、虹子がうなずく。
「虹子がそういうことなら、私も話しやすいなあ」
 鋭い爪で、獲物の首根っこを押さえつけている時のような、勝利者が浮かべる余裕の笑みだった。
「バンド活動を再開、いや、再出発って言った方がいいのかな。とにかく、私からメンバーに、一つだけ提案があるの。まずは虹子に、と思って」
「う、うん……。どんなこと?」
「ズバリ言うと、作詞の方も、私が担当してるってことにしたらいいんじゃないかなって、そう思ったの。もちろん虹子には、今まで通り書いてもらうことには変わりないんだけどね」
「ええと。何か、よくわかんない」
 虹子が、困惑したように眉根を寄せている。無理もないことだ。俺にだって、麗子の提案の意味は、さっぱり理解できない。
「これから先のことを、想像してもらいたいんだけど……。いい? たとえば、誰かにインタビューされたとする。詞についてよ。その時、虹子、ちゃんと説明できる自信ある? ただ質問に答えればいいってもんじゃないのよ。アピールできるかってこと。答え方一つで、バンドのイメージだって、ぜんぜん違ってきちゃうんだから」
「ちょ、ちょっと待って、麗子……。私たち、単なる学生バンドじゃない」
「今はね。でもねえ……」
 そこで麗子は、隣に置いてあった自分のバッグに手を伸ばした。中から取り出したものを、虹子の眼前へと差し出す。
「これって……」
 どうやら名刺だったらしい。虹子が目で文字を追っている。戸惑いのせいなのか、続きの言葉がなかなか出てこない。
「この芸能事務所の名前、聞いたことぐらいあるでしょ?」
 麗子は楽しげに言うと、その名刺を再びバッグの中にしまいこんだ。
「もしかしたら私たち、単なる学生バンドで終わらないかもね」
 虹子の反応を楽しむかのように、少し間を置いてから、「向こうから連絡があったのよ」と麗子は続ける。
「私、前に雑誌の読者モデルやったことあったじゃない。そこのプロフィール見て、興味を持ったらしいの。ちょこっとだけ、私たちのバンドのこと書いておいたからね」
 虹子は沈黙したままだったが、珍しいことに、その視線はまっすぐに麗子の瞳を捕えていた。
「最初のうちは、デモテープあったら聞かせてほしいって、それだけのことだったのが、いろいろと質問攻めにあっちゃってさ。大変だったなあ」
 その口調からは、大変だった様子はまったく伝わってこない。むしろ、愉快でならないといった風だ。
「それから、作詞作曲は誰がって話になってね。それで、私言っちゃったの。作詞は私で、作曲の方は、死んだ恋人がやってたってね」
 瞬間、虹子の目が大きく見開かれたのを、俺は見逃さなかった。
「というわけで……」
 麗子は、一度ハアーと息を吐き「わかるでしょ?」と首をかしげた。
「もう、後に引けなくなっちゃってさ。宝田さんも、宝田さんって、さっきの名刺の人ね。彼の話もどんどん暑くなっていって、これはイケる、これはイケるって具合にね。難病で命を落とした若き天才アーティスト。そして、その彼の意志を継ぎ、バンド活動を再開させようとしている恋人。気がついてみたら、そんなシナリオができちゃってたのよ。怖いぐらいの勢いでね。もう、笑っちゃうなあ」
 何を考えているのか。虹子は身動き一つせず、ただ黙って麗子を見据えている。
「とりあえず、今のところはそれぐらいかなあ……。実は、今日も呼ばれてるの、宝田さんにね」
 麗子は腕時計に目を走らせると、「もう、そろそろ行かなきゃ」と、ハンドバッグを手に立ち上がった。虹子が向ける鋭い視線には気づいていないらしい。
「私たちのバンド、もしかしたら今、ビッグチャンスを掴みかけてるのかもしれない」
 はしゃいだ声で言うと、麗子は、ウキウキと飛び跳ねるようにして歩き出した。ドアの前で、いったんくるりと振り返る。視線は虹子ではなく、なぜかサイドボードの上の俺に向けられていた。
「レインちゃんも、あんまり食べすぎてばかりいると、人前に出られなくなっちゃいまちゅよお」
 その言葉を最後に、麗子はドアの向こうへと姿を消した。
 大きなお世話である。確かに最近、少し太り気味かなと、自分でも感じることはあった。だからといって、いったいそれがどうしたというのだ。誰かに迷惑をかけたなんて覚えはないぜ。そもそも、手土産一つ持ってこないような人間に、そんなことを言う資格なんてものはないのさ。せめてフライドチキン、それが無理なら、唐揚げの一つや二つ、持ってきやがれってもんだ。まったく、不愉快極まる女だぜ。焼き鳥ぐらいなら、どこにだって売ってるだろ。何がチョンチョンだ。何が……。
 何かを引き裂く音に、俺は慌ててソファーの方を見やった。
 それは、先ほどまでテーブルの上に置かれていた紙、虹子の書いた詞が、印刷されていたコピー用紙のはずだ。今は、見るも無残な状態になっている。虹子本人の手によって、ビリビリに破かれ、ぐしゃぐしゃに丸められてしまっているのだった。
 俺同様、いや、その怒りは、俺以上なのかもしれない。とにかく、こんな虹子を見るのは初めてだった。彼女にも、こんな激しい一面があるのだということがよくわかった。
 散らばった紙屑を前に、肩を震わせ立ちつくす虹子。今の彼女に、もし俺が慰めの言葉をかけるとしたら、迷わずこう言うだろう。
 ヤケ食いなら、朝までだって付き合ってやるぜ。

虹色日記

 RC、明日から生まれ変わります。そう決心しました。決別宣言です。今日までのRCは、今日限りのRCです。ダイエットのことを言ってるんじゃないですよ。もちろんそれも含まれてるんですけどね。もっともっと、大きな意味のことです。
 今日、突然スイッチが入りました。きっかけはBC。彼女の身勝手さには、今までずっと我慢してきましたが、それももう終わりです。いつまでも、お姫様のわがままに付き合うわけにはいきません。
 どんな人間にでも、学ぶべき点、感謝すべき点が必ずある。そうかもしれない。この言葉、Mさんからのメールにあったんです。
 BCからは、自己主張の大切さを学んだ。そして、今までのRCが、いかに駄目な人間だったか、そのことに気づかせてくれた。これはやっぱり感謝すべきかもしれない。きっと今日が、RCの人生のターニングポイントだったような気がする。
 奴隷は、決して王様になることはできない。されど、戦士になることはできる。
 これもMさんの言葉です。RC、明日からなりますよ。戦士にです。わがまま王妃が支配する国から、必ず宝物を奪い返してみせます。HAが残してくれた宝物をね。
 ああ、何だか最近、自分が変わっていくのがすごくよくわかる。これもMさんとPCさんのおかげ。それから、もちろんレインもね。
 大学にも、久しぶりに顔出してみようかと思ってます。もうずいぶん休んじゃったんですよね。皆さんにもご心配かけました。将来のためにも、大学ぐらいは、ちゃんと卒業しておいた方がいいって、たくさんの人からコメントもらってたんでっすよ。やっぱりそういうものなんですかね。“将来”のことなんて、今まで真剣に考えたことなかったなあ。どんな職業につきたいとか、どんな生活をしたいとか、どんな家庭を持ちたいとか、RCには、ぜんぜん未来へのビジョンというものがない。
 大学に通ってる人って、みんな何かの目標をを持ってるんですかね。RCにはそれがない。だから、将来のために、と言われてもあまりピンとこないんですよ。
 たとえば、政治家の人たちってどうなんでしょう。世の中をもっとよくしたいという目標があったからこそ、政治家になったんじゃないんですかね。政治家になるために、苦労していい大学に入って、苦労してたくさんのこと勉強してきたんじゃないんですかね。
 だけど、RCが知っている政治家は、世の中のことなんてまったく考えていない。それどころか、平気で人を傷つけられるような人なんです。
 ああ、いっそのこと、このブログで全部言ってしまいたい。もしも、本当にそんなことしたら、RC、どうなっちゃうんですかね。謎のスナイパーなんかに、命狙われたりってことになるのかなあ。
 なーんちゃって。これは、RCの単なる妄想。大丈夫ですよ。スナイパーだろうと、BCだろうと、伯父さんだろうと、誰でもかかってこいって感じです。何しろRC、明日からは勇敢な女戦士なんですから。
 皆さんの明日に、どうか虹色の橋がかかりますように!

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
応援クリックお願いします!

11 仕事が嫌い
雨と虹の日々 目次

スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ヤケ食いなら、朝までだって付き合ってやるぜ

↑朱鷺も混ぜてください!!

将来。
そうか、ここで対照的に、決定的に分かれたんだろうか、とふと思いました。
前へ前へときらびやかな衣装に身を固めて突き進んでいく王女さま(お姫さま?)と、それまで大切に慈しんできたものを失ったことを未だ消化出来ずに立ち止まったままのヒロイン。
正論・正義。そして、夢と希望を掲げることを否定はしないけど、人は、人との出会いと人との関わりで成長もし、変わっていくものだ。良くも悪くも。
学ぶことがなかった訳じゃない。感謝すべきこともあった。

翻弄されるだけの人生に区切りをつけようと決心できた。
それは、きっと出会いに寄って。

虹子さんの心の葛藤、動き、そしてレインの貪欲なまでの旺盛な生への讃歌を聴きながら、知らずにここで人生を考えてしまう。
人は決意と覚悟で変われるのだ、と。

たくさんの人間模様を、淡々と描くみことさんの物語世界は、いろんなものを包括していて、いつも本当に興味深く拝読させていただいております♪

No title

能ある鷹は爪を隠す、のですよね。
麗子さん、爪出しまくりですねぇ。
女戦士虹子さん、チョッキンと切ってしまってください。

人の手が入って、自分のものが自分のものでなくなる、その過程を説明されているようで・・・
虹子さん、そこは譲れないでしょう。死守してください。
ほれほれ、レイン、ま、何でも良いから、朝まででもいつまででも、付き合ってやってよ。ね。

Re: ヤケ食いなら、朝までだって付き合ってやるぜ

朱鷺さん、コメントありがとうございます。

> 将来。
> そうか、ここで対照的に、決定的に分かれたんだろうか、とふと思いました。

こういう分岐点のようなもの、振り返って気づくことも含め、それぞれの人生にきっとあるんでしょうね。人生のターニングポイント。私も、二つばかり思い当たることがあります。
虹子にとっても、今回の出来事は、いくつかある分岐点の一つでしょうね。あくまでも、一つ目ですが。

> 正論・正義。そして、夢と希望を掲げることを否定はしないけど、人は、人との出会いと人との関わりで成長もし、変わっていくものだ。良くも悪くも。

“良くも悪くも”というのは本当にそうですね。
良かれと思ったことで、人を傷つけてしまったり、人を思いやるあまり、自分の人生を犠牲にしてしまったり。
人間関係の在り方に、そもそも正解などというものはないんだろうなあ。とつくづく思います。

> たくさんの人間模様を、淡々と描くみことさんの物語世界は、いろんなものを包括していて、いつも本当に興味深く拝読させていただいております♪

細かな部分まで読み取ってもらえて、すごくうれしいです。
私が、人物を表現する上で重視しているのは、善と悪ではなく、価値観と美意識なんです。そして、そのぶつかり合いによって生じる何らかの変化、良くも悪くも、それが物語の結末になることでしょう。最後まで、ぜひ見届けてやってください。

Re: No title

けいさん、コメントありがとうございます。

> 能ある鷹は爪を隠す、のですよね。

この言葉、本当に高い能力がある人は、それをひけらかしたりしない、という意味でしたよね。すごく日本人的な美意識ですが、これ、ちょっと死語になりつつあるのかも。
スポーツ選手でも、ビッグマウスの人が増えてるようですし、自分の能力は、どんどんアピールする方向へ、日本人は変化していってるみたいですね。

> 麗子さん、爪出しまくりですねぇ。

彼女の辞書に、“謙虚”という文字はありませんから。

> 人の手が入って、自分のものが自分のものでなくなる、その過程を説明されているようで・・・

今回のような話って、実際の音楽業界でもありそうな気がするんですよね。
誰とは言いませんけど、この歌手、作詞も担当していることになってるけど、本当かなあって思うことないですか?

> ほれほれ、レイン、ま、何でも良いから、朝まででもいつまででも、付き合ってやってよ。ね。

やけ食いに付き合う。レインが協力できる数少ないことの一つです。あとは、二度寝に付き合う、というのもありました。あとは、三度寝というのも……。

プロフィール

片瀬みこと

Author:片瀬みこと
札幌在住のアマチュア作家

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。